海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

ジャパニーズ・ビグミー とは?

ピグミー・シーホース の分類   


 2000年頃から目撃報告が沖縄、紀州、伊豆方面からかなりでるようになった ウジウオ科 タツノオトシゴ亜科 の一種。 体長が 15mm程度しかないこと あきらかに それまで知られていた ピグミー・シーホース (Hippocampus Bargibanti)とは異なるところから いつのまにか ジャパニーズ・シーホースと呼ばれるようになったようだ。 

 まだ学名もつけられておらず、当然 標準和名もない。

 海外にはいない 日本固有種なのかどうかはまだ判らない。 ・・・が、分布の様子からみて 日本固有種とは少し思えないというのが個人的感想。

 メナドの ジャパニーズ・シーホースと同一かどうかも判らない。 日本の ジャパニーズ・シーホースを知っている日本のダイバーが たまたま そう呼んだので 現地のガイド仲間に伝わったものと思われる。

 以下に ジャパニーズ・シーホースということで 紹介されていた写真を 少し大目に掲載してみよう。






 こうしてみると どうも 体にキリンのような網目っぽい模様があるのが特徴のようにも見える。 また イソバナをホストとしているのではなく、特定のホストでなく 岩場あたりの掴まれるものならなんでもよいようにも見受けられる。




■ ピグミー・シーホース の分類
  1. ピグミー シーホース は 何種類いるんだ?
  2. ピグミー・シーホース ご本家
  3. 勝手に命名した チッキン ピグミー
  4. 最近 メナドで 話題?の 新人ピグミー
  5. ジャパニーズ・ビグミー とは?
  6. 新たな新種
  7. Satomi's Pigmy Seahorse (1)
  8. Satomi's Pigmy Seahorse (2)
  9. Satomi's Pigmy Seahorse (3)
  10. Coleman's Pygmy Seahorse
  11. ゴルゴニアン・シーホース? なんだそりゃぁ・・・???
  12. ピグミー・シーホースの分類 まとめ





【 追 記 】 

 その後 いろいろ調べていたら コールマン・ピグミー・シーホースというのと ゴルゴニアン・ピグミー・シーホースなるものもいるらしいと知った。

 下にそれぞれ4点ずつ それぞれ その名称で紹介されていた写真を添付してみよう。 確かに ゴールマンとゴルゴニアンでは 形態が違うのが判ってもらえると思う。

 問題はここからで 先の ジャパニーズ・ピグミー・シーホース(ジャパピグと最近では通称するらしい) との関係なのだ。

ある人は 『ジャパピグには2種類いて コールマンとゴルゴニアンである』 と言っているし、ある人は 『ゴルゴニアンは所謂 ジャパピグに似ているけれども 別種である』 と言っている。

 コールマンと所謂 ジャパピグでは かなり違うようだが、日本で目撃された Hippocampus Bargibanti や  Hippocampus Denise 以外のものを 当初 ジャパニーズ・ピグミー・シーホースと呼んでいたような形跡があるので コールマンも広い意味でのジャパピグには違いないのだろうが・・・



■ コールマン・ピグミー・シーホース

コールマンズピグミーシーホース_w1 コールマンズピグミーシーホース_w2 コールマンズピグミーシーホース_w3 コールマンズピグミーシーホース_w1



■ ゴルゴニアン・ピグミー・シーホース


ゴルゴニアンピグミーシーホース_w1 ゴルゴニアンピグミーシーホース_w2 ゴルゴニアンピグミーシーホース_w3 ゴルゴニアンピグミーシーホース_w4


 写真からだけの印象なのだが、所謂 ジャパピグとは目撃環境が微妙に違っているようにも感じるのは 海龍だけであろうか・・・ なんとなく 普通のシーホースと同じような場所で写真を取られているような気がするのだが・・・



【 後日談 】
 
 コールマン・ピグミーシーホースと呼ばれていたのは Hippocampus colemani であり、英名通称も Coleman's Pygmy Seahorse であるのが判明した。 詳細はこちらをご覧ください。

 ジャパピグだなどと 日本のダイバー達は騒いでいるが 豪州・インドネシア海域にもちゃんと分布しているのであります。

 ゴルゴニアン・ピグミーシーホースなるものは もっと 程度が悪いかもしれない。 とにかく気になりまくって徹底的に調べたのだが・・・ 海龍の推測はこちらをご覧ください。




■ ピグミー・シーホース の分類
  1. ピグミー シーホース は 何種類いるんだ?
  2. ピグミー・シーホース ご本家
  3. 勝手に命名した チッキン ピグミー
  4. 最近 メナドで 話題?の 新人ピグミー
  5. ジャパニーズ・ビグミー とは?
  6. 新たな新種
  7. Satomi's Pigmy Seahorse (1)
  8. Satomi's Pigmy Seahorse (2)
  9. Satomi's Pigmy Seahorse (3)
  10. Coleman's Pygmy Seahorse
  11. ゴルゴニアン・シーホース? なんだそりゃぁ・・・???
  12. ピグミー・シーホースの分類 まとめ



[2008/01/10 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. ピグミーシーホース編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dragonnest02.blog66.fc2.com/tb.php/9-acc671d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。