海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

Jバルブの故障

これまた、エアーのトラブルの話。 だいぶ以前の話ですが、プラウ.スリブで新しいポイント探しをしようとコトック島からボートを出した時の出来事です。

  昔のコトック島のサービスは器材はボロボロ、エアーは臭うは..というひどい状態(今は良くなっていますので念のため)。 タンクをセットしている際にバディのM氏が「あれーっこのタンク何 ?」というので見るとJバルブのついたタンクでした。 M氏はまだ当時Jバルブの実物を見たことがなかったのです。いかにも不安そうなのでじゃあと言うことでこっちの普通のKバルブのタンクと交換してセット。  ちなみにJバルブってリザーブバーの付いた残圧計がまだ普及していなかった頃のバルブです。 リザーブを閉めておいて、エアーがなくなるとこのリザーブを開けて残してあった20気圧前後の空気で浮上するというものです。ちなみに、リザーブを閉めた状態だと、エアーを吸気したときに、バルブが半開のときのようにゲージの針が揺れます。  この時は、リザーブを使う気がないのでこれを殺す(最初から開放にしておく)ことにしました。

  さて、潜降。10m、20mと深度をとっていくと、突然、本当に突然、エアーが来ないんです。 ゲージを見ると残圧は2800PSIとほぼ減っていない。 2nd Stage の故障かと オクトバスに換えても同様。 (普通は故障の時はフリーフローの状態になるはず) 次に疑ったのはバルブの半開。 バルブが半開だと、深度下でエアーが来なくなることがあります。 でもバルブはちゃんと全開状態。 その次はリザーブの問題。 バーを上げても下げても状況は同じく、合いかわらずエアーはこない。 これらのチェックを時間にして30秒以内に全部やったわけですが、何がなんだか判らない。潜降中のことでもあり、バディは2mと離れていないところにおり、こちらを何をしているんだという顔つきでみている。 エアーが来ない、エアーをくれ!(この合図ってエアー切れの合図と同じですよね) バディは全く反応せず不思議そうな顔をしているだけ。 仕方がないので、バディに接近してオクトバスを強奪。バディはびっくりした様子で事態を全く判っていない。 潜降開始5分程度の出来事で、バディもエアー切れの合図は判ったけれども、本当にエアーが来ないとは思いもしなかったとのこと

  バルブをチェックしたところ、リザーブ機能の場所が故障して、内部で空気の流出口をふさぐ格好になっていました。最初にセットした時にはこれが流出口をふさぐところまでは言っていなかった様子です。 いずれにせよ、残圧計が普及している現在、積極的にJバルブを使う理由が見当たりません。 もちろん現在でも生産はされているようですが、巷で見かけるJバルブはほとんどが昔の遺物。 メンテナンスの状態もよろしくないケースが多いのが実状。 この一件以来、2度とJバルブは使用していません。 講習でも、迷うことないから、タンクを通常のKバルブのものに換えるように教えています。


・・・ club SeaDragon 旧サイトより 移転




[2006/08/03 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. ここだけの内緒のお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dragonnest02.blog66.fc2.com/tb.php/88-68c497a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。