海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

本物の『ムスジコショウダイ』 は どいつだっ !!! ・・・ ?

☆ コショウダイの分類・特定 シリーズ ☆ 

  
Oriental sweetlips
 Indian Ocean
oriental sweetlips
Plectorhinchus orientalisPlectorhinchus vittatus
Striped sweetlipsヒレグロコショウダイ
Plectorhinchus diagrammusPlectorhinchus lessonii
アヤコショウダイ (若魚)
Plectorhinchus lineatus


 ムスジコショウダイというのは 我がSeaDragon Team が出没する海域では一番よく見かけるコショウダイの仲間なのだが、おそらく コショウダイの仲間では一番 不味い。 以前 スペア・フィッシュがそれなりに盛んだった頃、初心者は良く見かけるのと 大きさも手ごろなのでよく捕っていたが、他のコショウダイに比べて不味いのだ。 だから漁師もあまり売りに来ない。

 上に示した4種類のコショウダイは どれも ムスジコショウダイとよく言われるものだ。 でも腹の部分までスジのないのは 本当はムスジコショウダイではない。 でも水中では なんとなくムスジコショウダイに見えてしまうのだ。

 問題なのは Indian Ocean Oriental Sweetlips と 単なる Oriental Sweetlips なのだ。 名前だけから見ると 前者はインド洋の固有種のように聞こえるのだが、Indo Pacific 海域に広く分布しているらしい。

 写真や文献で調べても両者の区分ははっきりしない。 あえて上記の写真で言うと Oriental Sweetlips のほうが 黄色がくっきりしているというところか・・・  振り返って思い出してみると 確かに黄色がはっきりしているものと なんか黄色が少しくすんでいるものが 混在しているような気がする。 いままでは天候、透明度、個体差と気にもしていなかったのだが、どうも違う種類であるらしいのだ。

 で、 ムスジコショウダイと和名がついているのはどちらかというと 一応 Oriental Sweetlips の方なのだが、 Web上では 違う記載のものも見受けられる。 まあ ここでは ムスジコショウダイ = Oriental Sweetlips = 
Plectorhinchus lessonii としておこう。

 ただ 普段みているのが どちらなのかは その都度 写真をみて 詳細を考えてみても 多分良く判らないだろう・・・ 完全に自信喪失させられる たかがムスジ されど ムスジコショウダイなのである。 ところで このムスジコショウダイ どう数えても6本よりスジが多いと思うのだがいかがだろうか?




☆ コショウダイの分類・特定 シリーズ ☆







【 2009年9月29日 追記 】


25日にコモド遠征より戻り、自分の書いた上記記事を読み返していてふと思ったこと。

  1. 最近 腹側にストラップがない Striped sweetlips 他のムスジ系のコショウダイより見かける頻度が多いような気がする。
  2. 写真を良く見てストラップの数を数えると Striped sweetlips こそ ストラップの数が6本だ。 だから 本物のムスジコショウダイは Striped sweetlips なのではないだろうか!? 



 

[2008/10/18 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. コショウダイ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dragonnest02.blog66.fc2.com/tb.php/73-7ff26eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。