海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

OW スキル練習 ベース



 我、ホームベースのコトック島 桟橋前の OW スキル練習用の フィールド。

元々 コトック島のアウターリーフは 平坦部分がほとんどなく、いきなり 約45度の斜面になっており OW の海洋実習を安全に 行える場所がありませんでした。

島のスタッフにより 桟橋から 正面 約22m深度にある 根岩まで ガイド・ロープがはられていたので そのロープの途中にフロートを設置して 海洋講習を実施していたのですが、 やはり 傾斜がきついと 生徒にはストレスが掛かりすぎますし、目を少しでも離すと ズルズルと下に落ちていっちゃいます。

そこで 適当な深度に コンクリート ブロックを複数設置して、 これを 砂留めとして 傾斜の緩い 平坦に近い 練習フィールドを造成することにしました。


右の写真が深度 約8mに出来上がった 練習フィールドです。 もともと このあたりは サンゴが ほとんどなく 砂と サンゴのガレキだった部分です。 

島のスタッフにお願いして 大きなコンクリート ブロックを 3つ 用意しました。 一つあたりの 陸上重量は 100Kg以上あります。

設置作業は 水中土木「海龍組」 特別班が 2期に渡って 施工しました。


上記の写真は 比較的小さく 軽い (と言っても 陸上重量は 70kgはあります) 中央部分の 砂留めに使用するブロックを運搬しているところ。


両側の ガイド・ロープ固定用のブロックは 軽く 100kg 以上あり 水中での取り扱いよりも 陸上での 取り扱いが とても大変で 島のスタッフ が6-8名がかりで処理しました。

左の写真は 上記写真のブロックを 設置場所に 置いたところです。





下の写真が ほぼ 完成した状況。






[2011/08/12 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. 水中ポイント
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。