海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

謎の生物 その1 は カメガイの仲間 ・・・ なのだぁ!


 そうこいつの正体は 有殻翼足類 のカメガイ(和名)の仲間なのであります。 まあ 近縁とは言えないまでも 同じ後鰓亜綱で、かつては 翼足目として裸殻翼足類とともに分類さていたので 親戚といっても はずれではないでしょうね。

 ササノツユ、マサコカメガイ、シロカメガイ、マルカメガイ、クリイロカメガイなどの種類がいるようです。
例外もあるようですが、通常は名前のとおり 殻があるのですが、ほとんど半透明の薄いプラスチックのような感じで、貝殻だけにすると少し白濁してしまうようです。

 本体の数倍の長さの触手状のものを2本もつのが特徴のひとつのようですが、これがなんなのかは 調べているのですがまだ海龍には判りません。 下に カメガイ科の3種類のものの写真を載せておきましょう。



 一番左と真ん中のやつが今回の対象生物に似ていいるようにみえますね。 カメガイの仲間は 水中ではなんかドタバタといった感じで動き回るようで この辺もタコキ証言と一致するところであります。 そのあたりから 英語では 英名は「Sea Butterflies」 と呼ばれています。
 
 ここまでくると例によって じゃあカメガイ科のなんていうやつなのかを特定したくなるのですが、なんせ海龍自身が直接はみていないので かなり苦しい状態です。  そこで このカメガイ、貝のコレクターにはそれなりに知られた存在らしいのでその線から追ってみると 似たような形の貝ガラの写真が数点みつかりました。



 上の写真の左から クリイロカメガイ、シロカメガイ、マルカメガイ、ササノツユの貝ガラです。  右に 対象生物のアップを再度登場させています。 下のほうの突起の形はクリイロカメガイが一番似ているようですが、シロカメガイ、マルカメガイも捨てがたいです。

 ただ クリイロカメガイは名前のとおり、栗色がかっているので 今回の対象とはちょっと違うような気もします。

 ということで 無理やりですが・・・

マルカメガイ である ・・・ と推測する!

ということで本稿を閉じることにしましょう。










[2010/04/01 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. その他の生物
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。