海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

謎の生物 その1 はクリオネ???

 まず 問題の謎の生物 その1 をよく見て頂く為に、画像を少し拡大してお見せしましょう。

 先のタコキ証言を整理すると 要点は、
  • パタパタと浮遊する
  • 緑に移るのが触手みたいので、2本。
  • 体の大きさは1cmも な い。
  • 体の下にある羽をパタパタ回転させていた。
 体の下にある羽というのは 左の写真ではどうも上部に写っている白っぽいもののようだ。 全体に半透明で、中央部分に赤茶色っぽい何かが見えている・・・


 さて 撮影者のタコキ嬢は「クリオネじゃ?!」と 喜びいさんで写真を見せてくれたのでありますが、 所謂 クリオネは寒流域に分布するのじゃ?と即座に却下。 ちなみに 所謂 クリオネとは ハダカカメガイ Clione limacina で軟体動物門腹足綱 異鰓上目裸殻翼足類 (らかくよくそくるい)に属します。   (右の写真)

 今回の対象生物とは確かに少しは似た点はあるものの 明らかに形体が異なるのが一目瞭然ですね。



  「所謂」とわざわざ書いたには 実は 2009年に大瀬崎で撮影された幻のクリオネ 「ヒョウタンハダカカメガイ」なるものが存在するからで、こちらは比較的温暖な海に生息すると考えられている・・・まどろっこしい表現だけれども 上記和名は付いているものの、学名さえまだないという幻のクリオネなのだ。

  こちらも形体が対象生物とは明らかに異なります。 そもそも カポポサン島で ヒョウタンハダカカメガイが確認などされたら その筋ではメガトン級の大話題になってしまいます。



  タコキ嬢はでは「イカの赤ちゃん??」 と言っていますが、これも即座に却下。 イカ類は 卵からハッチアウトした段階ですでに姿カタチは 親と同じ、単に超ミニ・サイズというだけなのです。 ハッチ・アウト直前の卵から 帝王切開じゃ?などと言ってプチッと強制ハッチ・アウトさせると 生意気にも墨を吐いて(体が体なのでごく少量ではあるものの) ピューっと逃げ出します。

 次に思いつくのは サンゴ、イソギンチャク類の浮遊性の幼生期。 でも こちらは 大きくても数ミリの話なので これまた却下。

 まあ あまりもったいぶらないで話を進めると 上述のクリオネが分類される 異鰓上目の後鰓類のなかに 有殻翼足類 というのがあって、これに属する生物であると考えるのが妥当のようなのです。 クリオネが 裸殻即ち「殻がない」 のに対して こちらは 有殻、即ち 「殻がある」 種類なのです。 以前は同じ翼足類として裸殻と有殻にわけていたこともあるようですが、近縁ではないということで 分類学上では完全に分離されたようです。










[2010/04/01 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. その他の生物
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。