海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

綺麗な水中姿勢・きれいなフォーム


 まず左の写真をみてください。
二人のダイバー (Diver A氏 と Diver B氏)が水中でゆっくりと泳いでいる写真です。

 皆さんは どちらのダイバーのほうが絵になるフォームにみえますか?

 ダイビングを実際にされている方は勿論、一般の方でも Diver B のほうが かっこよくみえるはずです。

 全てのスポーツ(本当はスポーツに限らないのですが・・・)では 一流選手のフォームは どんな型破りの選手であっても それなりに美しいものです。  プロの一流選手の場合には それぞれ独自の形があって 一概に教科書どおりとはなっていないのですが、よく『教科書どおりの美しいフォーム』と称される選手がいます。 理にかなったフォームというのは やはり美しいものなのです。

 
 それでは右の写真(→)を見てください。
随分印象が違って見えるでしょう。

では 上記の写真で Diver B氏のフォームはなぜ美しく見えないのでしょうか?

 タンクの位置に注目された方もいると思います。 勿論 これも大きな要因ですが、本当はここで述べたいのは 体幹から太もも・膝までの位置関係なんです。

 下はこれを赤線で示した図です。



 左の写真(元の写真)では 腰のところで線が曲がっている事、 更に 足首が鋭角に曲がっていることに注目してください。 これを修正したのが右の写真です。 タンクの位置もついでに直していますが、このことは後で少し触れます。 かなり 綺麗なフォームになっているのが判ると思います。

 実は左のフォームではフィンが正しく水を掴めない為、「骨折り損のくたびれ儲け」状態になるのです。 水中で上手く進めないダイバーの殆どが フィンが水を掴んでいないことによります。 フィンで水を掴むには本当は何種類かの方法があり、使用しているフィンの特性によっても若干異なってくるのですが 一般的(と言うか教科書的?)には フィンまで含めた体全体を弓のようにしならせることが重要になってきます。

このようなフォームになると省エネで効率よくフィンを使えるばかりでなく、ちょっとした水中スナップ写真を撮られても美しく写るんですね。

タンクの位置について少し触れておきましょう。

タンクはフル充填されているときにはマイナスの浮力ですが、ダイビングも終盤になって残量が少なくなってくると若干のプラス浮力になります。 この時に BCDのサイズが適切でなかったり、 カーマーバンド(腹部への装着固定の為の腹帯?)の閉めが緩かったりすると その浮力でタンクが体から離れて先の写真のような状態になってしまいます。

このような状態は水の抵抗を増すだけではなく、体の姿勢にタンクが付いてこないため、水中姿勢を損なう大きな原因となります。 だいたい見た目もかなりかっこ悪いものですよね・・・

腹帯はきっちりとしめましょう!











[2009/11/06 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. スキル編
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。