海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

もう結構です・・・ でも下りなきゃ・・・ならば最後まで上るかぁ?

 2009年 コモド 海域 レバラン大遠征

  前日のBukit Manta で絶景の味をしめた SeaDragon トレッキング クラブの面々は 長老のイイトモ爺の強行論をなんと女性陣も含め、私とJennyちゃんを除く全員一致で支持して、 Gili Lawa Passage 南岸の 標高300m程度(?)の丘を攻略することになったのでありました。



 Jennyちゃんは冷ややかに 私は本船から写真係りとハナから登る気はさらさらなし。 海龍は お役目上 じゃ、途中まででも付き合います・・・という羽目にあいなりました。

 実際に登り始めると見た目よりも結構急な斜面ですし、サンダルだと 目茶苦茶すべり、妙な力がかかります。 イイトモ爺は エライ調子よく歩いていると思ったら、一人だけちゃんと運動靴をはいていました! そう言えば2007年にアイスマン氏がBukit SEOを攻略したときにも運動靴をはいていましたっけ・・・ サンダルでやろうなんて所詮無謀なんです。

 左の写真は 6合目付近、昨日のBukit Manta よりは高いけれども まだ 後方に見えている Bukit SEO よりは少し低いかというあたりでの休憩中のもの。 このあたりまではなんとか 海龍もみなさんについていけたのですが・・・


7合目位から、だんだん 脱落していく海龍の図・・・ なさけないけど 両膝に爆弾をかかえている私にとって ブレースなしでのこの手の活動は応えます。 でも 登りはそれでも良かったのですけど、下りは地獄でありました・・・


  ほとんど脱落している海龍をほっておいて さっさと登頂したメンバーは 下からはっきり見えるケルンを造るんだとせっせと作業にいそしんだそうな。(↑ 左) こうしてみると Bukit SEO よりもはるかに こちらのほうが高いのがはっきりとわかります。(↑ 中央) 皆に遅れること一体何分でしょうか・・・ Give Up したと見られていた海龍の登場であります。 最後に一番上の石を置いたもの勝ちだよぉ?ん!とケルンに小細工をして石を積み上げています。(↑ 右) セコイ!

  やっと頂上に到着してまだゼイゼイ状態の海龍と 余裕しゃくしゃくの若い2人他 全員でセルフ・タイマーによる記念撮影。 いや?、この写真に写れてよかった、よかった。 写っていなかったら後で何を言われたか判りませんもんね。

 下りは 海龍の故障している脚にとってはまさに地獄でありました。 膝をかばうので余分な力を使い 脚はパンパン。 ここまでパンパンになり 数日間 筋肉痛になったのは大学1年春の 新人歓迎合宿(コンパではない!)以来でありました。


 来年以降も コモド遠征が続くとしても これからは 歳を考えて 海龍は 登頂プログラムだけは パスしようと硬く決心したのでありました。




2009年 コモド海域 レバラン大遠征 シリーズ 

  【 陸活動編 】
  【 水中編 】
おまけ: ウミウシ? 否! 巻貝の仲間です。




[2009/10/01 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. コモド
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。