海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

新たな新種

ピグミー・シーホース の分類 


 【もともと この記事を用意した段階では まだ新種認定がなされておらず、正式学名が制定されてなく、全て
Hippocampus SP. 通称○○ピグミー・シーホース
と紹介されていたものだが、それらが 新種認定されたので 大幅に書き直しをしてみた】

 2008年末?2009年始めに新種認定された5種類のピグミー・シーホース。 ほとんどは2000年前後から 知る人ぞ知るという存在だったのだが、その後の研究で今回晴れて 新種として認定されたようだ。


 細かな違いは 学者ではないので あまり興味はないのだが、Severnsi、 Pontohi、 Satomiae の3種に関しては一応 詳細を見つけたので訳すのがめんどくさいので原文でここに載せておこう。 興味のある人は目を通して欲しい。  


Hippocampus Severnsi
severnsi_web 1severnsi_web 2
  
Hippocampus severnsi is distinguished from congeners in having a combination of: extremely small size (height 13 mm, standard length 15 mm); 12 trunk rings; 27 tail rings; reduced ossification of inferior and ventral trunk ridges; 14 dorsal fin rays; 10 pectoral fin rays; anal fin small or absent; medium length snout which lacks a bulbous tip; raised, angular coronet; single gill opening on midline directly behind coronet supported by raised cleithral bone; scattered tubercles on trunk and tail; predominant colour dark brown (sometimes slightly marbled) with large, bright red patch covering dorsolateral surfaces of trunk rings 1–4; tiny white dots scattered all over; pale posterior section of tail with dark transverse bands.

This species is named after Mike Severns, who helped collect the first specimens.


Hippocampus Pontohi
Pontohi_web 2Pontohi_web 1

Hippocampus pontohi, named after Indonesian dive guide Hence Pontoh, is distinguished from other congeners in having a combination of: extremely small size (height 14 mm, standard length 17 mm); 12 trunk rings; 26–28 tail rings; reduced ossification of inferior and ventral trunk ridges; 14 dorsal fin rays; 9–10 pectoral fin rays; anal fin small or absent; brooding area in males anterior to anus; medium length snout which lacks a bulbous tip; raised, angular coronet; fused or almost fused gill-openings on midline behind coronet supported by raised cleithral girdle; scattered tubercles on trunk and tail; distinctive branching filaments (usually red in life) attached to the enlarged superior trunk ridge spine of the fifth trunk ring; white colour, occasionally with yellow or pink especially along the dorsal surface, with fine red lines on the trunk, and reddish transverse bands across the tail.


Hippocampus Satomiae  
Satomis _web 2Satomis _web 1

 インドネシア・カリマンタン島 北東部のデラワン島(東カリマンタン州) で発見されたもので、周辺のマラ・トゥア島、シャンガラキ島など周辺海域でも目撃されている。

Hippocampus satomiae is distinguished from congeners in having a combination of: extremely small size (height 11 mm, standard length 14 mm); 12 trunk rings; 27–28 tail rings; reduced ossification of inferior and ventral trunk ridges; 13 dorsal fin rays; 9 pectoral fin rays; anal fin small or absent; brooding area in males anterior to anus; well–developed spine on snout between eyes; distinct raised coronet with laterally expanded anterior and posterior flanges ('H–shaped' when viewed from above); snout without a bulbous tip; single gill opening on midline directly behind coronet supported by raised cleithral bone; large spines above eyes (double), laterally on head, on shoulder (cleithral) ring, bordering throat, and on superior trunk ridge; spines also present on lateral and ventral angles between trunk ridges and rings; spines on superior ridge of first and second trunk rings appear externally as if they are fused.
This species is named after Satomi Onishi, the dive guide that collected these specimens.

Satomi’s Pygmy Seahorse としてここ数年は知られてきたもの。 新聞報道は こちらを参照。



上記の3種は どうも特定のホストを必要としないらしい。 また チョロチョロと遊泳するのも共通の特徴のようだ。(Waleananu もチョロチョロするそうだ)



Hippocampus Waleananu 
waleananus 01_webwaleananus 02_web
 
インドネシア・スラウェシ島 の Kの字の<部中央あたりに位置するトギアン諸島のワレア島(中央スラウェシ州)周辺の海域で発見されたもので Walea Soft Coral Pygmy Seahorse と呼ばれていたもの。

こちらは 特定のイソバナをホストとする様子。 こういう奴のほうが ガイドにとっては見つけやすい。
 

Hippocampus Debelius
debelius _web 1debelius _web 2

上記の4種類が 全て インドネシア周辺海域に分布している対して、こちらは 紅海に分布している。
ドイツの水中カメラマンで 紅海を中心に活躍している Mr.Helmut Debelius が最初にこれを目撃したのは1993年の頃のようだ。 ちなみに同氏が発見して 同氏にちなんで学名が付いているものは他にも数種あるらしい。

 


■ ピグミー・シーホース の分類
  1. ピグミー シーホース は 何種類いるんだ?
  2. ピグミー・シーホース ご本家
  3. 勝手に命名した チッキン ピグミー
  4. 最近 メナドで 話題?の 新人ピグミー
  5. ジャパニーズ・ビグミー とは?
  6. 新たな新種
  7. Satomi's Pigmy Seahorse (1)
  8. Satomi's Pigmy Seahorse (2)
  9. Satomi's Pigmy Seahorse (3)
  10. Coleman's Pygmy Seahorse
  11. ゴルゴニアン・シーホース? なんだそりゃぁ・・・???
  12. ピグミー・シーホースの分類 まとめ




[2008/01/10 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. ピグミーシーホース編
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dragonnest02.blog66.fc2.com/tb.php/10-ed0de288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2011/01/26(水) 09:39:55 |

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。