海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon - (ダイビング編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

東カリマンタン州北部 遠征 過去の記録

SeaDragon では 東カリマンタン州北部に 過去数度の遠征を行っています。
  • デラワン島      2 回  1995年、 1996年
  • マラトゥア島    2 回  2004年、 2005年 (ナブコ島を含む)
  • サンガラキ島   1 回  2004年
 デラワン島、マラトゥア島、サンガラキ島は カカバン島も含めて 同一海域にあすので、上記はベースにした島と言うことになります。 

 ジャカルタから飛行機で東カリマンタン州のバリクパパンまで飛び、そこから小型飛行機に乗り換えブラウという街、もしくは タラカンという街まで移動します。 さらにここから4時間程度スピード・ボートで飛ばしたところにこの海域があります。 日の出前に自宅をでてジャカルタの空港に向かい、現地到着は海の状態がよくて夕方、悪ければ日が暮れた頃にやっとベース・キャンプのリゾートに到着という同じインドネシア国内とはいえども移動だけでもくたびれてしまう場所にあります。 ですから 長期の休みがとれるイスラム教のレバラン休暇が同地遠征の時期になることがほとんどです。

 この海域はカリマンタン島(ボルネオ島)北部に位置し、マレーシアの東マレーシアとの国境近くになり、昨年だったかマレーシアと国境紛争がおきた際には タラカンの港にインドネシア海軍の駆逐艦が補給で入港していという場所です。 実際、双方の漁民達はパスポートなしで適当に往来しているそうで、マレーシア領側から船でアクセスする方法もあるようです。

 ここには マクロ系でも有名なデラワン島周辺、マンタで有名なサンガラキ島、激流の中の大スペクタクルが見もののマラトゥア島、 島の中にある湖のクラゲが有名なカカバン島などがあり、全海域を通じて海亀の多いことでも知られています。

 海龍がちゃんと紹介記事を書けばいいのですが、メンドクサイのと 過去にragonestのDM 候補生ナベ3がせっかく書いたものがあるので 取り合えず それらをご紹介しておきます。

 2005年のマラトゥア遠征に関しえは 海龍が気が向いた時に作製します。
 
 
スポンサーサイト

[2006/09/08 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. その他の遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

龍哥

Author:龍哥

カテゴリ別記事タイトル一覧


全てのタイトル一覧を表示する


カテゴリー

【アドバイス編】 (6)
ご当地事情編 (3)
スキル編 (3)
【ホームグラウンド 編】 (5)
水中ポイント (1)
水中生物 (2)
各種イベント (0)
スンダ海峡 WW II レック (2)
【一般 考察】 (8)
OW をリゾート受講する功罪 (3)
パニックについて (5)
【UW Photo編】 (2)
【生物 考察編】 (75)
カエルアンコウ編 (3)
コショウダイ編 (8)
タツノオトシゴ編 (10)
ピグミーシーホース編 (13)
ボロカサゴ編 (12)
ガマアンコウ 編 (3)
ミミック・オクトバス編 (6)
その他の生物 (20)
【遠征編】 (58)
アンボン (8)
カポポサン (3)
コモド (30)
ビアック (7)
メナド (6)
レンベ (3)
その他の遠征 (1)
【事故 考察】 (16)
コモド 漂流事故 (5)
クロックダイル ハンター 事故 (6)
高知 宿毛沖 事故 (5)
【その他 一般】 (22)
ここだけの内緒のお話 (6)
海龍の「ダイビングの楽しみ」 (10)
その他 (1)
Web 管理 (5)
未整理 (0)


SeaDragon 海龍亭 本館

Scuba Diving Pro-shop & Schools

Jl. Beundungan Jatiluhur No.71, Benhil
Jakarta, INDONESIA


SeaDragon はインドネシア・ジャカルタ周辺の在住邦人のダイビング活動を支援しています !


最新記事

リンク

FaceBook 版 Club SeaDragon

MIXI版 Club SeaDragon からの移転
正規運用中

???

 





blogram投票ボタン

よろしかったら ↑の投票ボタンを押してくださいね

FC2Ad

,  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。